ファーストシューズ選び方ガイド

ファーストシューズ選び方ガイド

赤ちゃんのデリケートな足や不安定な歩行にあわせてファーストシューズを選ぶことが大切です。

 

具体的にどのような靴が適しているのかをここでは解説します。

 

 

まず、歩き始めの赤ちゃんは、いわゆる「よちよち歩き」をしています。
土踏まずやかかとの骨が未発達なので、歩く時に蹴り出す力が弱いため、このような歩き方になるのです。

 

歩き始めの赤ちゃんに靴を履かせると、とにかくつまづきやすくなるという声をよく聞きますが、
つま先部分が反っていて、地面に引っかかりにくい靴底ならつまづきにくいのでオススメです。

 

また、靴底はしっかりした素材で、滑り止めがついていることも重要です。
アスファルトやツルツルしたコンクリートは思っている以上に足に衝撃を与えます。

 

ファーストシューズ衝撃を受け止めるためには、柔らかすぎるものでは効果がありません

 

履き心地や足の発達を考えると、発達を妨げないように足指の根元がよく曲がり、
かかとの部分はしっかりしている靴を選ぶことも重要です。

 

足指部分が曲がらないと、非常に歩きにくく、足に大きな負担がかかります。
足指でしっかりと地面を踏みしめることから、足が発達していきますので、足指の根元が曲がることで、
偏平足などの足のトラブルを防止することができます。

 

一方、かかと部分の骨は非常にやわらかくて未発達です。
靴のかかとでしっかりと支えるためには、手でかかとを潰そうとしても、まだ固いくらいしっかりしているものを選びましょう。

 

デザイン面からはハイカットタイプがオススメです。
足首まであるデザインなので、かかとからしっかりと足首までをサポートしてくれます。

 

マジックベルトや紐靴タイプは微調整もしやすく、足とぴったり合わせることができるため、
足と靴が一体になりやすいためとても歩きやすく、疲れにくいのでオススメです。

 

総合すると、つま先は反りがあり、曲がりやすいものを、かかとはしっかりと固いものを、
足首はハイカットやベルトなどで支えられるものがファーストシューズに適していると言えるでしょう。